坂戸の整体は「仁整骨院」痛みを根本改善&再発予防へ

整体に資格が必要なのか

資格法律的には、整体師として働くために必要な資格は存在しません。誰でも整体師を名乗る事ができます。しかし、人の身体に触れる職業なので身体の事に関しての知識や経験が重要であることは言うまでもないでしょう。

そのため一定水準の知識や技術が必要になるので、資格を取得している整体師がほとんどです。

資格には大きく分けると国家資格と民間資格があります。 資格賞状

国家資格を持つ整体師の中で多いのは、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷など怪我を専門的に取り扱う「柔道整復師」、手指を使ってツボや軟部組織(筋肉や靭帯等)を押したり揉んだりして血流の巡りを良くして辛さを緩和させる「あん摩マッサージ指圧師」、身体のツボや筋肉、筋膜などに鍼やお灸使って自然治癒力を高める「鍼灸師」です。

近年では病院で基本的動作(歩く、立つ、座る等)を回復させるためのリハビリを行う「理学療法士」、食事や入浴などの日常生活を円滑に送るためのリハビリを行う「作業療法士」の資格を取得している整体師も活躍してきています。

国家資格だと国が定めた大学、短大、専門学校を卒業し且つ国家試験に合格しないと資格は取得できません。それに対して民間資格だとスクールに通ったり通信講座を受講して、特定の技術や知識を学ぶカリキュラムを修了する事で資格を取得する事ができます。

患者さん側としても資格のある整体師と資格のない整体師でしたらどちらの施術を受けたいでしょうか?

 

どんな人が良い先生なの?

知識や説明がしっかりしているか

実際は資格を取得してからがスタートです。

資格を持っているだけでは宝の持ち腐れになってしまいます。日々、患者さんの健康を考えて行動が出来る先生が理想です。勉強や練習を重ねながら、臨床経験から得た情報を患者さんにフィードバックする事が大切になります。また、患者さんの身体の状態を分かりやすく説明してくれる事も重要になってきます。

状態を理解しないまま施術を受けるのと、「〇〇さんの身体はここがこうなっているからこうして行きましょう」と理解して施術を受けるのでは効果の表れ方に差が出てきます。専門用語を使い過ぎた説明だと患者さんも理解しにくいので小学生でも分かる説明をしてくれるのが理想です。

 

患者さんの話をしっかり聴いてくれるか

身体の不調は、決して辛い所だけが悪いのではなく何が原因で起きているのかバックグラウンドを探る必要があります。例えば、普段はどんな姿勢で過ごす事が多いのか?運動習慣はどうなのか?仕事での身体の使い方はどうなのか?なども把握する必要があります。

整体の多くは骨や筋肉にアプローチする事が多いですが、不調の原因が内科的影響の可能性もあるので施術で改善する事が可能かどうか判断する必要もあります。

話も聴かずにいきなり触れたり施術したりすると悪影響を及ぼす事がありますので、じっくり話を聴いてくれるかがポイントになります不調はすぐに解決出来るものではないので実際に会ってみて、この先生ならご自身の身体を任せられると思う先生を見つけてみて下さい。

飯田先生施術

 

坂戸の整体は口コミ実績1位の「仁整骨院」 PAGETOP